カテゴリー「パワフルオカン伝説」の10件の記事

2012年3月30日 (金)

みなさまにご報告

 先日、うちのパワフルオカンの病状についてお伝えしたかと思います。

 

 で、本日、オカンの手術がありました。

 

 結果からいうと、午後1時半に始まって、午後5時過ぎ、無事に終了したそうです。ハイアットは仕事だったので、姉達からメールで聞きました。

 

 当初、胃を全摘出しなきゃいけないと言われていたのですが、執刀医から、4分の1は残しても大丈夫と言われたので全摘の必要は無くなりました(検査した病院と手術した病院は別)。

 

 ただ、胆のうと十二指腸は摘出しました。胆のうは、胃を摘出したら一緒に取らないと駄目らしいのと、十二指腸は…なんだっけか? いずれも、生活に支障はほとんどないそうなので安心です。

 

 明日からはオカンのリハビリ生活が始まります。まずはひたすら歩かなきゃいけないそうです(合併症のリスクと、内臓の癒着防止だとか)。だいたい一ヶ月くらいの入院だそうで。

 

 無事に退院出来ても、そこから約3年間は抗がん剤での治療になります。5年経っても再発してなかったら、完治したと考えても大丈夫だそうです。

 

 手術前に会ってきましたが、とりあえずオカンはいつもどおり元気でした。姉達とメールでこんなやりとりをしていたそうで。

 

 オカン 『手術してくれる先生たちと話をした。ひとりはカバみたいな顔やった。もう一人はクマそっくり』

 

 それに対する姉達の返事。

 

 姉1  『そら、患者が豚やもん』

 

 姉2  『動物ワンダーランドやな』

 

 

 きっとオカンなら克服できると思います。まずはご報告までに。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

皆様へご報告

 

 昨日、パワフルオカンの結果が出ました。

 

 いきなり書き出すとなんのこっちゃわからないと思いますが、先日から胃が痛いと言っていたオカンは、昨日まで検査入院していたのです。

 

 で、検査の結果なのですが、どうやら胃がんだったようです。

 

 ステージで言うとⅢ。さっきググッたら、手術後の5年生存率は3~5割くらいだとか。

 

 ただ、先生の話だと、近場のリンパへの転移は多少認められるものの、他臓器への転移はないそうなので、そういう意味ではステージⅡに近いのかもしれません。仮にそうなら5年生存率は7割オーバーくらいまで増えるそうです。

 

 おそらく胃は全摘出になると思います。術後は、抗がん剤で再発防止を行なっていくようです。

 

 腹立つのが、この検査をする前にかかりつけだった近所の診療所。

 

 オカンはここ数年、そこの診療所でずっと胃潰瘍だと診断を受け続けていました。今年はじめの胃カメラでも、「こんなに大きいコブは見たことがない」と驚きながらも診断は「胃潰瘍」。さすがにおかしいと感じて今回の病院での検査につながっていくわけですが。

 

 診療所から処方されていた薬を今回の病院の先生に見せたところ「胃がんの患者には飲ませてはいけない」類の薬だったそうです。さらに、オカンのガンは数年前には発症している進行具合らしいので、診療所が真っ当な診断をしていたなら早期発見も可能だったはずなのです。

 

 ともかく、オカンは紹介状をいただいて近所の大学病院で手術をすることになりました。

 

 でも、いまのところあまり深く考えないようにしてください。少なくともハイアットの家族はいたって冷静です。

 

 「手術やて。胃ぃ全部取ってもろたら痩せるで。一石二鳥や」

 「痩せたらかえって寿命が延びるかもわからんな。ちょうど良かった」

 「この程度のステージなら今の時代いくらでも治るわ。とっとと切ってまえ」

 「とりあえず退院やから何か食いに行こか。焼肉行こ焼肉」

 「行くのはええけど、さっきバリウム飲んだからあんま食べられへんで」

 「(一同爆笑)」

 

 おおむねこんな感じ。

 

 たぶん4月中には手術だと思います。あのオカンがそう簡単に死ぬとも思えないのでさほど心配はしてないです。親父も昔食道がんだったけどピンピンしてますし。

 

 ただ、相方が一番動揺しているようです。ハイアットたちがあんまり平穏すぎるので「ハイアット家はおかしい」と言われました(3日前にハイアットの姉が交通事故で救急搬送されたときも、大したことない怪我なのをいちはやく察して笑ってたし)。

 

 だって、みんなパワフルオカンの血を引いてるんですもの。今回もきっと大丈夫。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

どんだけだオカン

 

 我が家に新しい冷蔵庫が来て一ヶ月が経ちました。

 

 

 その間、我が家の食費は0円です。

 

 

 相方の持論として、『食べ物をくれる人に悪い人はいない』があり、「ママさん(ハイアット一族はオカンの事をみんなこう呼ぶ)に胃袋を掴まれた。こうなったら尻尾を振ってお腹を出すしかあるまい」とかほざきおる。相方を掌握するのは実に簡単だ。

 

 

 問題は、オカンが二人暮らしの食事量を考慮しないこと(昔からなので手遅れ)。

 

 居酒屋を経営してるからか、大量に作ったついでに持ってきてくれるとは言うのですが。個人経営の店にどんだけの客が来るというのだろうか…

 

 オカンの買い物は毎回半端ないです。卵は10パック単位、肉も野菜も相撲部屋並みに購入してきます。実家にある冷蔵庫4台は常に満杯。昔見せてもらったスーパーのレシートはハイアットの身長を軽く超えて2メートルくらいありました(一回の買い物です)。先日は100均に置いてあるチョコレートを在庫全て購入。100均の会計が万札一枚では足りないとか化け物か。

 

 今日も直径30センチの器 山盛りに麻婆豆腐を持ってきました。直径20センチの器には山盛りの大学芋。他にも鯖の塩焼きとイワシの煮付けと漬物と飲料類山盛り。味噌汁はインスタントを100食分くらい。

 

 一昨日は鍋に肉じゃが、タッパーに酢豚、卵を4パック。エビフライとお菓子、野菜もろもろ。明日はハンバーグと…もう忘れた。ふりかけは300食分くらいあります。

 

 「これで2、3日はもつやろ」

 

 

 

 さらに一ヶ月はいけると思います。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

オカンをなめてたわけではないが

 

 あの後、オカンは実家とハイアット家を5往復。それぞれに大量の食料と消耗品を自転車(後ろにオカンお手製の大容量運搬用カゴ装備)山盛りに詰めてやってきた。

 

 

 

 昼に届いた400リッター超の冷蔵庫に入りきらない程の食材を平気で持ってくるのがうちのパワフルオカンです。

 

 

 どうやっても入らないので、パックから出して保存袋に詰め替えるなどの省スペース化を駆使して何とか全部冷蔵庫に入れました。

 

 

 「な? 入れようと思ったらどうとでもなるもんやて」

 

 

 オカン…(呆れを通り越して尊敬の念すら抱く息子の言葉)

 

 

 

 その後、実家から持ってきた通販のカタログ(ハードカバーのゴツイ本)を広げて、 

 

 

 「クローゼットと壁面収納棚とダブルベッドと布団を次の休みまでに選んどくように。買うことは決定な。断られへんで」

 

 

 オカン…(尊敬を通り越して変人を見るような目の息子の心境)

 

 

 先日、オカンに選んどくように言われてたブルーチップと薬局のポイントの商品もまだ決まってないのにこれ以上何を贈ろうというのかパワフルオカン。

 

 

 ※死ぬ前のプレゼントというわけではなく、人間ドックでも健康そのものの人間が発作的に思いつきで行動しているだけです。息子であるハイアットにこれを断る権利はありません。学生の頃、もういい加減お小遣いはいらないと拒否した時に「断ったら親子の縁を切る」と、強引に手に金を握らせ続けたオカンの人柄なだけです

 

 

 このままでは今年だけでオカンに100万近く使わせてしまうことに…なんとしても先延ばしにし続けたいのだが、おそらく無駄な努力に終わりそうです

 

 

 「アンタが気にする必要あらへん。アンタの姉ちゃん2人にはそれ以上金使っとる」

 

 

 宝くじでも当たったのか? 実の息子でも不安になるから財源を教えてくれ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オカンにとっては日常

 

 オカンが自転車に大量の買い物袋を引っさげてやってきた。今日我が家に届く大型冷蔵庫に詰めるためらしい。

 

 10キロの米とかも普通に持ってくるから実の息子でも驚く。

 

 

 「30キロくらいの買い物はしょっちゅうやってる」

 

 

 自転車の積載重量ていくらだっけ? →調べたらギリOKでした

 

 

 先日書いた通り、400リッターオーバーの冷蔵庫が昼過ぎに到着。二人暮らしにこれはでかい!

 

 

 その後、オカンが近所のホームセンターでレンジ台とかいろいろ買ってきました。この人、息を吐くように数万クラスの買い物をしてくるから困る。金持ちでもないのにどっから金が沸いているのか?

 

 

 「夕方、冷蔵庫が冷えた頃にまた来るわ。中身パンパンになるくらい食べ物持ってきたる」

 

 

 

 20分後にオカンが来る予定。怖い

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

再三言うが決して裕福ではありません

 

 朝からオカンが来て、相方と3人で近くの家電量販店へ。

 

 今年の初めくらいに言っていた、エコポイントを使っての冷蔵庫購入のためだ。

 

 高額の買い物のため、ハイアットとしては忘れていてほしかったが、オカンはしっかり覚えていた。というかオカンの方が購入に乗り気である。こうなってしまっては息子でも止められない。

 

 現在ハイアットが使用している冷蔵庫は、相方が独り暮らし時代に使っていた100リッターちょいの小さいタイプ。この10年近くはこれで何とか運用していたが、オカンが「小さすぎて物 持ってきても入りきらへん」と憤慨(オカンは居酒屋経営のため、一品料理を大量に作ってはタッパーに詰めて持ってくる)。「冷蔵庫を買ってやるから見に行くで」と半ば強引に連れ出されたわけだ。

 

 事前に業者に見積もってもらったところ、我が家のスペースでは、2階のキッチンに搬入するために窓からクレーン車で入れるしかないらしい。何だか大事になってきたなぁ…

 

 

 で、近くの量販店へ。オカン、わざわざ馴染みの店員さんが出勤している日をチェックしていたらしい(オカンはこの1年間で、この人から100万近い買い物をしている)。今年はじめにハイアットが買ってもらったドラム式洗濯乾燥機と炊飯ジャーもこの人から買っている。

 

 そして購入したのはシャープの440リットル冷蔵庫。今までの実に4倍近い容量である。

 

 レジでオカンが支払うのは全額現金。

 

 「あれ、エコポイントで買うって言ってなかったっけ?」

 

 「あぁ、あれな、全部使ってもうた

 

 

 …十数万ポイントも何に使ったんだ…

 

 

 豪快すぎて息子が呆れる始末。どうか長生きしてください

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

相方の言葉のセンスに脱帽

 

 先日、パワフルオカンから大量におかずをもらった。居酒屋をやってるオカンの飯は身内ながら他の料理屋と比べても群を抜いて美味い。そしてそこはパワフルオカン、持ってきた食材料が半端ない。とてもじゃないがうちの冷蔵庫には入りきらず、たまたまあった発泡スチロールに保冷剤を詰めて簡易冷蔵庫として機能させるくらいだ。

 

 そして、それはオカンの罠なのだ。 

 

 オカンは去年から「貯まったエコポイントで大きい冷蔵庫を買ってあげる」とハイアットに言い続けていたのだ。以前ここで紹介したように、オカンのエコポイントは現在、多少大きな冷蔵庫を買ってもまだ余るくらい残っている。ただ、二人暮らしのハイアットたちにそこまでの大きさは必要ないとのらりくらりかわし続けているのだ。ここにきて大ピンチである。

 

 それでなくとも今月の初めにマッサージ機をもらったばかりなので(オカンが通販で買ったのは良いが、同居しているハイアットの姉にしこたま説教され、わずか数回使っただけでお払い箱になった全身タイプのマッサージ機。過去の例からいってこのままだと捨てられるので泣く泣くハイアットが引き取った)、これ以上何か物をもらうわけにもいかない。冷蔵庫だけは何とか思いとどまらせたい。

 

 …結局、もう買ってしまったという理由で、ジュースミキサーと圧力鍋をもらってしまったが。オカンの通販好きは生まれつきなのでもはや仕方ないか。

 

 さて相方である。食べ物に対する執着がそれなりに強い相方、冷蔵庫に入りきらない食料を見て感極まって一言、

 

 

 「飽食の時代やーーーーー!!!(歓喜)」

 

 

 

 この言葉のセンス、どう考えてもハイアットの影響である。すっかり染まったな相方…

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

パワフルオカン伝説 2011年正月編

 

 年末にぶっ倒れたハイアットは家から徒歩5分の実家へ帰省。オカンの手厚い介護を受けて順調に回復。相方が連休を取れないため、家と実家の往復を重ねながら正月は家族でまったりと過ごした。

 

 大晦日、実家に届いた大量のカニを3台の冷凍庫に無理やり収納し(それでも半ば強引に押し込んだくらい大量)、病み上がりのハイアットが一息ついたところにパワフルオカン、

 

 「今から電気屋行くで。アンタんとこ何も買ってあげてない」

 

 2010年はエコポイントと地デジの買い替えなどで、とにかくオカンの買い物は激しかった。ハイアットを含む3人の子供たちとそれぞれの家族に対して家電製品を買い捲っていたらしい。話の流れでハイアットたちが最後だったらしく、気づいたころには『買ってもらわないといけない空気』になってしまっていたのだ。

 

 断っておくがうちの家系は決して裕福ではない。言葉にするならオカンは「気風のよい人」なのだ。ただでさえ2010年は実家の改装や前述の買い物ですでに数百万単位の出費を重ねているオカンにこれ以上高い買い物をさせたくないというのが息子であるハイアットの本音。しかしハイアットは知っている。この人は絶対折れないことを

 

 (事実、ハイアットが高校生のときにいい加減小遣いはいらないと断ったところ、「受けとらなきゃ親子の縁を切る」とまで言ったオカン)

 

 結局、夜に近所の家電屋に行く。年が明けたら買い換えようと思っていたので炊飯器を見て回る。相方と2人暮らしのハイアットに見合う機能・大きさの炊飯器が年末セールでお手ごろ価格だったのでしぶしぶオカンに買ってもらう。

 

 次の瞬間、オカンの口からとんでもない(でもハイアットからしたら予想通りの)言葉が。

 

 

 「で、あとは何が欲しいんや

 

 

 …ハイアットは知っていた。オカンがこんな数万円の買い物で折れてくれるはずがないと。無駄だとわかりつつこれ以上はいらないと断るもあっさり却下。なくなく、買い替えリストに入れていた洗濯機コーナーへ。

 

 オカンに任せると最高級品をチョイスされかねないので、身の丈に合った機能の洗濯機を選ぶ。常々欲しかったドラム式で乾燥機付き。毎年梅雨の季節に難儀していたので正直欲しかった。さらに毛布も洗える大容量。

 

 オカンが親しくしてもらってる店員さんがその日お休みだったらしい。話を聞くとこの店でオカンはテレビだけでも3ヶ月で9台購入しているという。オカン、マジでパワフル。

 

 家に着いてハイアットは療養のため再び就寝。その間にオカンは姉の車でスーパーへ。正月用の買出しを済ませるらしい。

 

 ※あとで聞いた話だが、このスーパーでもオカンはカート3台、6万円超の買い物をしてきたという。姉の証言だと「レジで店員がバーコードを読み取っている間もどこからか食料品を追加していた」らしい。

 

 年末年始に家族全員が集まるのは元日だけだったため、大晦日はわりとのんびり(?)過ごせた。夜はすき焼き。体と相談しつつも、0時を回った後で仕事から帰った相方とナルミーを連れて近所の寺へ初詣。毎年買っているお寺のお菓子を購入してオカンにプレゼント。いったんわが家に帰ってその日は終了。

 

 元日。これまた徒歩数分の墓地に行き先祖を参る。そこから徒歩2分の実家に帰る。実家には現在、二番目の姉家族も同居していて、9月に飼い始めたばかりの子猫が3匹いるのだ。時間が来るまで存分に3匹と戯れるハイアットと相方。この猫たち、元親さんのしつけが完璧だったのでトイレの心配も何もなく、誰にでもすぐ懐く(それこそTVの回線工事に来た電気屋さんにでも)。そのためか、家の外に出さずに完全な家猫として育てているのだが、元が実家なので広さに申し分はなく自由奔放な毎日を過ごしているようだ。

 

 この猫たちは相方よりもハイアットに懐いてくる。相方の視線が痛い(相方にも相当懐いているのだが)。当初はテニスボール大だった3匹も今はスタイリッシュに成長。どいつも美猫だなぁ。愛情を受けている証拠で何より。予防接種や避妊手術も済ませているのでなお安心。長生きするといいなぁ。

 

 さて元日の夜。2人の姉とその家族、さらには甥姪の彼氏彼女たちも集まり総勢15人近いカニ鍋大会スタート。鍋も2つに分けてちょっとした宴会だ。

 

 ただ、思い出してもらいたい。3台ある実家の冷凍庫にパンパンに詰まったカニを。到底食いきれる量ではない。これは明日に持ち越しだなと思った瞬間にオカンから放たれる一言、

 

 「明日はカニ鍋と寄せ鍋な」

 

 2種類!!?      ※毎年のことなのでそこまで驚かない。家族全員

 

 甥姪の数が多いのでお年玉の出費も半端ない。痛いなぁ…

 

 

 

 こうして、1月4日までたっぷり療養しつつ実家のお世話に。その間に食べたのは、すき焼き、カニ鍋、寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、チゲ鍋、焼肉(これにおせちなども含む)。…そりゃあスーパーで6万超えるわ。

 

 そして我が家に次々届く家電製品。自分で購入したリビング用のパソコン、大晦日に買ってもらった洗濯機と炊飯ジャー。乾燥機ハンパねぇ!! 白米美味すぎる!! 今年は幸先よすぎて何だか怖い(姉たちも冗談ながら「オカン、もうすぐ死ぬんちゃう?」とか言ってたし。実際は人間ドックの結果も良好そのもの)。

 

 オカンがとどめに放った一言が忘れられぬ。

 

 「エコポイント10数万貯まってるから、それで冷蔵庫を買い換えなさい」

 

 

 パワフルすぎて断る言葉が見つからない

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

今年もオカンは全速前進

 

 正月に家族みんな集まってたときのこと。

 

 オカンが「そういえばようやくミュージシャンの名前覚えたわ。ジグザグ」

 

 と言い出した。ジグザグ? ZIG-ZAGみたいなのか? ハイアットがまったく知らないアーティストだ。そんな若い子向けの情報にまで目を向けているなんてオカン、いつの間に…? 

 

 と思っていたら、中学生の姪が一言

 

 

 「ばあちゃん、『エグザイル』な」

 

 

 

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

新年早々パワフルオカン伝説

 

 昨日は、ナルミーのいない大晦日でした。思えば中学3年の頃にクラスメイトになってからというもの、毎年欠かすことなく大晦日を一緒に過ごしてきた我らにとって初めての大晦日別行動。数年前にその輪に相方が加わり、いつしか3人で年を越すのが通例になっていただけに、『これからもずっと続くわけではない』とわかっていながらも、少しさびしい年越しとなりました。

 

 おみくじ引きました。ハイアットは大吉。相方は中吉。「納得できない」と、意味のない2度目のおみくじにチャレンジした相方、結果は中吉。お前の今年は何やったって中吉だ。

 

 さて、実家に帰ったハイアットと相方、出迎えてくれたオカンが「見せたいものがある」と部屋に招いた。何のことだろうと不思議に思っていると、9歳離れた姉が「一家の恥や」「子どもたち大爆笑」「明日から街歩けへんで」と辛口コメントの雨。よく理解できないハイアットと相方にオカンが取り出したのは1本のビデオテープ。ここらで嫌な予感。

 

 ビデオを再生すると、そこには大晦日に放送された たかじんの番組が。

 

 ここからはあまりに恥ずかしくてうろ覚えなのだが、なんか『2007年お騒がせだった芸能人』みたいな街頭インタビューが映った。街行く一般人が「沢尻エリカがどうこう」だとかマイクに向かって話している映像が流れるなか、1人のすっぴんのおばちゃんが

 

 「細木数子やな」 「あんなん人のことわかるわけないやん!!」

 

 オカァーーーーーン!!!(怒)

 

 こんな感じで2008年、壮大な幕開けです。

 

 P.S 相方のドラクエ、昨日訊いたら「レベル7や。ギラを覚えた」とにんまり。あっそ。

 

 「あけました」「応援しよう」と思っていただけたら『FC2ブログランキング』『人気ブログランキング』をクリックしてやってくださいませ☆

 

| | コメント (0)